上手に使おう食器棚

上下積み重ね型

上下積み重ね型は2段に分けて効率よく収納します。

より柔軟性が高い棚を構成することができるのが積み重ね型の食器棚です。 高さも上下に分割して決めることができるため、上と下で自分用に 細かくコーディネートできるのが魅力です。 キッチンに収納したいアイテムは多岐にわたり多くありますので、 上下で同じような棚が複数あるよりも、異なったタイプの棚があったほうが 無駄なく収納することができます。 2段に重ねた食器棚の横に1段だけ低い食器棚を並べることで、 それがアクセントとなりおしゃれな雰囲気を出すこともできます。 棚の奥が深すぎて使いにくいという人には、薄型タイプの食器棚もあります。 これなら食器も取り出しやすく部屋も棚の中もすっきりします。 食器棚の奥行きが深すぎると奥にしまったものは自然と使わなくなります。 とりあえず近くにある、取り出しやすい食器ばかり使うように なってしまうものです。 そういった状態になるのが嫌いな人には薄型タイプがおすすめです。 薄型といってもカレー皿くらいなら十分に収納できますし、 それほど大きいお皿を使わない家庭ならそれで間に合うでしょう。 薄型タイプの食器棚なら省スペースになるだけでなく、見た目も圧迫感を 与えませんので、スタイリッシュなキッチンには欠かせません。 同一色の棚で統一すればさらにスッキリします。 収納できる量は普通の食器棚に比べると少なくはなりますが、 もともとそれほど食器を所持していない家庭や、 見た目にもこだわりたい方などに人気です。